お召列車の撮影記録

お召列車がお送りする日々の撮影記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015/11/21-22 ドクターイエロー車内公開&リニア鉄道館

ドクターイエローの車内見学ツアーに参加してきました。

DSC_3451.jpg
下から見上げるドクターイエロー。

DSC_3477.jpg
真正面下から。

DSC_3617.jpg
真正面アイレベルから。

DSC_3604.jpg
かなり接近して撮影できました。

DSC_3460.jpg
台車付近より
全検明けてからそこまで時間も経っていないのでまだ綺麗です。

DSC_3595.jpg
普段なら開けることのない扉。

DSC_3509.jpg
いよいよ車内へ。
窓の下部分に空調吹き出し口があるのはドクターイエローならでは。

DSC_3515.jpg
1号車電気検測室の様子。

DSC_3577.jpg
2号車などにある長い通路。
隣には高圧室などがあります。

DSC_3590.jpg
3号車と5号車にある観測ドーム。
パンタグラフの挙動などを確認できます。

DSC_3534.jpg
つづいて4号車軌道検測室。

DSC_3582.jpg

DSC_3583.jpg
4号車には床下に巨大な検測装置を積んでいるため他の車両に比べて少しだけ床面が高くなっています。

DSC_3538.jpg
こちらは休憩室。

DSC_3543.jpg
ミーティングルーム。

DSC_3545.jpg
これは測定したデータなどを共有するためのコネクター。
当然普通の新幹線にはありません。

DSC_3550.jpg
こちらは7号車の客室。
まず使用されることは無いですが法人担当者、学者等が添乗する際に使用されるとのことで、天井の作りが700系に比べて少し異なっています。

DSC_3556.jpg
車内はぱっと見普通の新幹線にも見えますが窓をふと見ると黄色が。

DSC_3559.jpg
ドアこそ普通の700系ですがやはり黄色い塗装が見えます。

DSC_3561.jpg
ここからは乗務員室に入ります。

DSC_3566.jpg
これがドクターイエローの運転台。
700系とは少し違いT編成の方が若干広いです。

DSC_3593.jpg
JR東海のT4編成にしかないロゴが輝いていました。

ドクターイエローの見学はおよそ1時間半程度で終了しました。
翌日はリニア鉄道館へ。
DSC_3744.jpg
ツアー参加者限定でクロ381-11の車内を見学させてくれました。

DSC_3734.jpg
クロ381-11の車内。
クロ381の10番台はたった3両しか製造(改造)されなかったそうです。

DSC_3720.jpg
こちらはクロ381-11の運転台。
かなり見晴らしがいいです。

DSC_3737.jpg
クロ381の10番台は運転台側のアルミ合金と中間車側の鋼鉄とで溶接してあるそうでその継ぎ目がちゃんと確認できました。
軽く叩くと音も全然ちがいます。

DSC_3756.jpg
こちらは700系C1編成の運転台。
ツアー参加者限定で特別公開されました。

DSC_3566.jpg
比較用でドクターイエローの運転台です。
700系は運転席後ろに配電盤があるためかなり窮屈です。

以上です。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/23(月) 18:47:44|
  2. JR東海 新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015/11/29 E7系F1編成 仙台回送 | ホーム | 2015/11/14 尾久車両センター公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omesi.blog95.fc2.com/tb.php/240-32fdebac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

お召列車

Author:お召列車
お召列車と新幹線を中心に撮影しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (148)
JR東海 新幹線 (34)
JR貨物 (12)
JR東日本 新幹線 (48)
JR東日本 在来線 (9)
E655系 なごみ (3)
その他 新幹線 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。